冴えない彼女の育てかた

2014秋

失われた未来を求めて

2016/10/23

感想

テレビ見放送 「失われた夏休みを求めて」 感想

なぜか夏休みw ゆいにとっては初めての夏休みだ。つーか、これは佳織が救われてゆいが消えてないパターンなのか? それとも佳織への脅威はまだ去ってないのか? いろいろ謎なストーリーだわw

タイトルの失われた夏休みってのは、視聴者にとってのものだよなw テレビではお約束が水着回がなかったので、その埋め合わせ的なやつだろう。それにしても凪沙の水着がエロすぎだわ。あんなん堂々と着るJKいるか?(´・ω・`)

そしてここでゆいが凪沙のひいおばあさんの幽霊? と出会ったことがその後のストーリーに影響を与えてる? この一連の因果の一番の発端は一体何なんだろう、、、(・_・;)

 

第12話(終) 感想

やっと正解ルートに達した! これでゆいが辿ってきた全てのルートで因果の鎖が働き、佳織が目を覚ますはずだ。そして最後の時間軸では一度は断った奏だが、これは絶対に佳織とくっつく。なぜなら因果の鎖だから!

ゆいは消えてしまい、佳織を守るという使命もなくなったが、それでも奏は医学への道に進み、将来ゆいを作る流れに乗った。未来の奏によれば会いたいからだというが、それこそ因果の鎖なんじゃないのかなぁ、と思った。

でも11話で佳織を守って消えていくゆいの気持ちを考えると、、、ぐもおおおおおおおおん(TдT)

あれ? 最後にジェニファーの顔見せてくれるんじゃなかったのか?

 

第11話 感想

なぬうううううううううう? 予想と違う展開で佳織が助かった。
奏がゆいを選ぶ、奏と佳織が結ばれないのが正解ルートだったのか? 奏は佳織を選ばないのに、それでも佳織の未来を救ったのか。なんか色々納得いかん。
つーか、なぜ女性型人造人間にしたのか。男なら丸く収まったのでは?

まあでも人造人間作るなら好みの女の子に作るのは男の性だよなぁ。そうなると奏がゆいを選ぶのはまさに必然。これこそ因果の鎖で絶対に避けられないのでは? と思った。だからこそ、今までの奏はその場での返事をできずにいたのではないかと。そして一番大事なのは第1話、まだゆいが登場しない時間軸では佳織と両思いになっていた事実だろう。これがどういう意味を持つのか、、、

 

第9話〜第10話 感想

やはり予想通り、ゆいは奏によって未来から送られてきた人造人間だった。ただ、予想外だったのはそれを何度も繰り返していたこと。そしてゆいが何度も時間遡行し、同じ場所に現れることで量子信号のゆらぎ?が残像として再生され、そう、それがあの幽霊騒動だった。さらにはその幽霊に触れてしまった人間やゆいの目的を知ってしまった人間は量子信号によるショックで眠りについてしまう。ゆいによれば別の時間軸へ精神だけが飛ばされたのではないかとのことだが、これがあの内浜症候群の正体だった。すごい軽く流してた幽霊騒動、内浜症候群がここにつながるのか、、、

ゆいがなぜ奏や学会のみんなに目的を話せないのかの理由もわかった。話せば内浜症候群になってしまうからだ。そして、学会メンバーの一人でも欠ければゆいの時間遡行は不可能になる。本当の意味でのバッドエンドというわけか。。。

何度も時間遡行を繰り返してゆいが気がついたのは、あの柔道部に倒されて佳織が怪我を負うシーン。あの怪我を回避しても佳織は別の怪我を負うことになるが、あそこでゆいが怪我をすると佳織は怪我をせずに済むということ。つまり、、、これあれだよね。。。ゆいがあのバス事故で犠牲になることが解ってことだよね(TдT)

 

第5話〜第8話 感想

第5話のPC研での自己言及のパラドックスが意味分からんかった。というより、PC研の部長なのに自己言及のパラドックスをご存じないの? っていうふっかけから相手に合意させたってことなのかな? PC研は可哀想だけど視聴覚室のPC勝手に演算に使ってたからしゃーない。

第6話は凪沙のフィアンセの話。金持ちのボンボンと思いきや結構いい人だったな。

第7話は文化祭の出し物、プラネタリウムとお菓子の試作エピソード。ケニーと愛理のやりとり、「カオリチャンはエンジェルだ!」 「え? 私は?」 「デーモン!」 が最高だったw

そして第8話、とうとうXデー前日となった。そして佳織は例によってイライラモード。ただ第1話の時は愛理と奏の関係にイラッてたのが、今回はゆいが原因に変わった。ゆいは佳織のカバンのキーホルダーを隠したり、当日のその時間に佳織と約束するなど、何とかしてあの事故を防ごうとするが、すれ違いがすれ違いを呼び、、、2度めのバッドエンド! オーマイガッ!(ケニー風)

 

第1話〜第4話 感想

天文学会(部じゃなく会?)の部活系日常アニメ?と思って見始めたが何か雰囲気が違う。
と思ったら第1話の終盤に佳織が事故にあう悲劇が! 映像的には死んでいた、、、はずなのだが、なぜか第2話で普通に佳織が出てくる。どうやら時間が戻ってる? そして古川ゆいの登場。全てが謎のまま、第1話のエピソードを追っているような感じだ。

女性陣は、可愛さの佳織、文武両道の愛理、聡明の凪沙、謎のゆい、といったところか。一方の男性陣は天文ヲタで主人公の奏と激ウザイングリッシュのケニー。ケニーマジでうるせえw ジェニファーの写真が気になるがデブっぽいんだよなぁw

4話まで見た感じだと、ゆいはあの悲劇を回避するために未来から送られたアンドロイドのような気がする。そして送り主は奏じゃないかと。第1話の悲劇から続く未来の奏が第2話以降の時間軸の奏達の元へゆいを送り届けたと。ネタバレ無しで見るのがよさげなので、この後も一気に見たい。

 

Sponsored Link
キャラアニ.com 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ キャラアニ特典付き  キャラ&ホビー格安通販 あみあみ

 

 

データ

タイトル 失われた未来を求めて
放送期
主な放送曲・時間 TOKYO MX 土曜25:00~
話数 12話+未放送1話
リンク 公式サイト Wikipedia @waremete_anime
原作
監督
シリーズ構成
アニメーション制作
キャスト 秋山奏 
佐々木佳織 
古川ゆい 
支倉愛理 
華宮凪沙 
長船・KENNY・英太郎 
東八重子 
本城作之進 
深沢花梨 
佐々木詩織 
オープニング Le jour
歌:
歌詞 Amazon
エンディング 明日また会えるよね
歌:第2−8話 佐々木佳織(
歌:第9-11話 古川ゆい(
歌:第12、13話 佐々木佳織()、古川ゆい(
歌詞 Amazon

 

 

公式ツイッター

-2014秋
-, , , , , , , , , , , , , ,